小児歯科

1

小児歯科について

子供ブラッシング

小児歯科では、歯が生え始める生後半年~のお子様を対象に、子供の将来の歯の発育のことを考えた予防処置を行います。
また、虫歯になってしまった場合の治療などももちろん行うことが出来ます。

子供の頃から歯医者に通うことでお子様にプラスになること

子供の頃から歯医者に通っていただくことで、将来お子様が歯で悩んでしまうリスクを回避することが出来ます。具体的には以下のようなことです。

  • 歯医者に苦手意識がなくなるため、きちんと検診を受けられ、虫歯や歯周病のリスクを減らすことが出来る
  • 定期検診を子供の頃から受けることで虫歯が出来ても早期発見を行うことができ、歯を失うリスクを減らすことが出来る
  • 上手な歯磨きを行うことが出来るようになるので、虫歯や歯周病のリスクを減らすことが出来る
  • 将来の歯列に対しての問題を早期に解決することで、将来歯並びが悪くなってしまったり噛み合わせが悪くなるのを防ぐことが出来る。
2

当院で行っている小児歯科について

フッ素塗布

フッ素

お子様の歯にフッ素を塗ることで歯質を強化し、虫歯になってしまうリスクを軽減します。乳歯は大人の歯よりも歯質が柔らかいことから、虫歯になりやすいです。そのためフッ素を定期的に塗ることで虫歯に侵食されない強い歯を作っていきます。

フッ素塗布の流れ

  • 口腔内診査
  • 口腔内清掃(歯の表面にプラークが付着している状態だとフッ素が浸透しないため)
  • フッ素塗布(乾燥状態で)

フッ素塗布の費用

混合歯列期(永久歯と乳歯が混在している時期で、だいたい10歳ぐらいまで)までは保険範囲内でフッ素塗布を行うことができます。
すべて永久歯の場合、フッ素塗布は2000円の自費扱いになります。
また中学生まで中野区では保険診療であれば患者負担率は0割です。
また、中野区の制度を使えば5歳児健診で無料で行うことが出来るので詳しくは定期検診のページをご覧ください。

シーラント

シーラント

生え始めの永久歯の溝をシーラントで埋めることで、プラークがたまりやすい部分をなくし、虫歯のリスクを軽減します。またシーラントは天然歯と変わらない色の物なので目立つことはありませんのでご安心ください。

シーラントの流れ

  • 歯の溝を超音波にて清掃
  • 歯の溝の酸処理
  • シーラント填塞

シーラントの費用

基本的に幼弱永久歯に使用するので保険適用です。

小児矯正

小児矯正

子供の内から歯並びを改善するほうが成人になってから治すよりもコストが低く、且つお悩みする期間を短くすることが出来ます。子供の矯正治療も行っておりますのでくわしくはこちらの小児矯正のページをご覧ください。

3

当院の小児歯科の特徴

お子様が歯医者を嫌いにならないような工夫をしております。

当院では、お子様が歯医者に対して恐怖心を感じたり不安を感じないようなことを心掛けております。そのため、初めて来院していただいたときはいきなり治療を始めるのではなく、お口の中に水を当てたりしてまずは歯医者に対して慣れていただくことから始めることもあります。ご安心して、大切なお子様をお任せしていただけたらと思います。

お子様の歯の一生のことを考えた治療を提供します。

お子様が将来に歯に困らないよう、お子様の歯の一生を考えた治療を提供することを心掛けております。そのため虫歯もやみくもに削ったりはしませんし、将来の虫歯や歯周病のリスクを考え、フッ素塗布やシーラントだけではなく正しい歯磨きの仕方なども親御さんと一緒に楽しく覚えていただけるように指導しております。

4

子供の歯の予防を無料で受けるためには

区の制度があるのでご活用ください。詳しくは、こちらの定期検診のページをご覧ください。