虫歯治療

1

虫歯になる原因

虫歯治療

なぜ虫歯になるのでしょうか?突然歯に穴が空いて虫歯になるわけではなく、あるプロセスをたどって虫歯になります。まず、歯にプラークが付着し、糖質を使って酸を作り出します。糖質は、穀類やいも類、甘味料などの食べ物に多く含まれています。そしてこの酸が歯の表面を溶かし、溶かし続けられると歯に穴が空いて虫歯になってしまうという段階を踏んでいきます。虫歯は自然と治ることはありません。そのため、虫歯になってしまったら、歯医者さんでの受信が必要となります。

2

進行度別の虫歯チェック

虫歯C1

C1

状態
(見た目)
歯の最表層であるエナメル質に限局した象牙質に達していない虫歯。エナメル質に穴は開いてないが、表面が白濁、もしくは茶色くザラザラしている。
症状 特に自覚できる痛みなどはない。
虫歯C2

C2

状態
(見た目)
エナメル質にできた虫歯が象牙質まで達している虫歯。こげ茶色もしくは黒く、エナメル質に穴が開いている場合もある。
症状 冷たい食べ物、飲み物で痛みを生じ、穴が開いている場合噛んだ時も痛みがある。一時的な痛み。
虫歯C3

C3

状態
(見た目)
エナメル質が崩壊し、象牙質にできた虫歯が歯髄(神経)まで達している虫歯。残っているエナメル質より内側が灰色もしくは黒っぽく透けて見える。
症状 何もしなくてもズキズキと脈打つような痛みがあり、熱い食べ物、飲み物で痛みを生じ、噛んだ時も痛みがある。継続的な痛み。
虫歯C4

C4

状態
(見た目)
歯茎から出ている歯が完全に崩壊してり、歯髄(神経)がむき出しになって いる虫歯。
症状 痛みは落ち着いているが、一時的に歯茎が疼くような痛みが出る場合がある。
3

進行度別の虫歯治療

※治療費には別途初診料や検査料がかかりますのでご了承ください。

C1

C1の虫歯治療
治療法 虫歯になっている部分を削り、コンポジットレジン(プラスチック)で詰めます。
治療期間 即日
治療費用 保険診療で患者様の負担は約1,000円~

C2

C2の虫歯治療
治療法 虫歯になっている部分を削り、型を取って、インレーをセットします。もしくは、削った部分をコンポジットレジン(プラスチック)で詰めます(ダイレクトボンディング)。
治療期間 2~3週間(3回の診療)もしくはダイレクトボンディングの場合は即日
治療費用 インレーの場合、保険診療で患者様の負担は約3000円~。自費診療の場合は、素材によりますので詰め物・かぶせ物のページをご参照ください。ダイレクトボンディングの場合は、一歯50,000円(税抜)。

C3

C3の虫歯治療
治療法 根管治療が必要となります。詳しくは根管治療のページをご確認ください。
治療期間 6回の診療。歯の根の状態によって、回数は異なります。
治療費用 保険診療で患者様の負担が、前歯で約9,000円~・臼歯部で約12,000円~・大臼歯部で約13,000円~。かぶせ物の費用が、保険診療の場合は前歯部のみは硬質レジン前装冠が使用できるため約5,000円~・4,5番のみはCAD/CAM冠が適用できるため、約6,000円~。自費診療の場合は、詰め物・かぶせ物のページをご参照ください。

C4

C4の虫歯治療
治療法 抜歯となります。
治療期間 即日
治療費用 保険診療で患者様の負担が、約2,000円~3,000円ほどになります。その後の処置に関しては、インプラント入れ歯・ブリッジを使用します。
4

治療後にはメンテナンスを

虫歯は完治をしたと思っても、放っておくと再発します。詰め物やかぶせ物の下に二次虫歯が出来ていたというのはよくある話です。治療は繰り返せば繰り返すほど、ご自身の歯を失ってしまうばかりか、治療の費用も高くなります。そうならないためにも、虫歯治療後に定期的にメンテナンスにお越しいただくことが必要になります。 当院では、3か月に1度の定期的なプロフェッショナルケアをおすすめしております。ご自身の歯を守るためにも、是非お越しいただきたいと考えております。